なかなか開かない扉がやっと開いたのは、娘が亡くなってかなりの時間が経った時。

 

娘を想い沈んでしまうとき、これではいけないと娘の写真の前で頑張るからね、応援してね。

 

 

と、語りかけた。

娘がニコッとしたように感じとれた。

 

身体が軽くなり動きも活発になつてきた。

 

やっと新しい扉が開き、猫ちゃんにも笑顔がみせられるようになった。

 

わたくしの場合はこんな感じだった。

 

 

人それぞれパターンや時間は違う。

 

だが、ひとつだけ言えるのは、無理に新しい扉を開ける思考や行動は不用なのかもしれない。

 

 

時薬という言葉がある。

 

時が全てを洗いながし、幸せな思い出ばかりが浮かんでくる。

 

そして、その先が現れる。

 

 

それでよいのだと、それを受け入れればよいのだと

 

 

 

 

そう 想う。