娘の死に出会った時、棺に横たわる娘が今にも起き上がってくると思え、ジッと見つめていた。

ふー と起き上がり目の前に座ったよに感じた。

あ 起きた 錯覚に陥った瞬間だった。

頭が混乱した。 

やはり娘は棺の中今にも起き上がり、私に語りかけたように感じられじーっと私は見つめた。

そのまま焼かれ骨となった。

 

その時私は娘の死が理解できなかった。 

本当に死んだんだと理解できたのはお墓に納骨した日であった。 

今でも書きながら涙が流れおちる。 

月日が経ち、生きるということへの感謝、喜び、素晴らしい、とおもえる私。 

 

少しは成長したのかな。